乳首が黒い原因を理解することで美白に成功する

 

乳首の美白に成功する為には黒くなってしまう原因を知ることがはじめの一歩となります。

 

美白を行ったとしても黒くなる原因を全く知らなければ少しづつ黒く変化しているなかで、美白をすることになりかねません。そのため、効き目があらわれるまでに時間がかかってしまうだけでなく、更にドス黒くなってしまうこともあります。

 

きちんと原因を把握することが大事となるのですね。

 

乳首が黒い原因はメラニンの色素沈着

乳首が黒いことで悩んでいるのですが、

 

私自身、学生時代に乳首がみんなより黒っぽい事にきずいてからは、乳首と言う単語を聴くだけでネガティブな気持ちになってしまい悩み続けています。

 

乳首の色が黒色なのは男性経験が多いからって話を聞きます。でもわたしはまだ20代で経験人数も2人しかありません。彼氏としか経験は無いですし、特別人数も多い訳ではないと思います。
でも、色が黒いんです・・・。

 

乳首の色が黒色なのと経験人数は関係があるのでしょうか?

男性経験の人数=乳首の色が黒色なのは間違った知識と言えます。

 

たとえ男性経験が未経験であっても黒色乳首の人もいればピンク色の人もいます。確かに美樹さんの言うように男性の多くは経験人数と乳首の色は関係していると考えています。

 

でも、間違った認識でしかないのですね。乳首が黒い原因はシミと同じように考えて貰うと分かりやすいです。からだの中で分泌されたメラニン色素が肌に色素沈着をするのがシミができる原因となります。

 

それと全く同じで乳首が黒い原因もメラニン色素が沈着している結果なのです。

えっ乳首の色が黒くなる原理ってシミと関係がしているんですね。

 

でも、メラニンが色素沈着をするのは分かるのですが、何で色まで変化をさせてしまうのですか!?
そもそも、どうするとメラニンがからだの中で分泌されてしまうのですか!?

乳首の色が黒く見えるのはメラニンが黒い色素を持っているためです。からだの中で分泌されたメラニンが長い時間をかけて肌に蓄積されていってしまっているのです。

 

メラニン色素は私たち人間にとって肌を外的刺激から守る大事な役割を行っています。肌を守るためメリットを持っているのですが、デメリットもあわせもっている物質となるのですね。

 

からだの中でメラニンが分泌される条件は肌に与えられる刺激です。刺激を与えてしまうことで大量のメラニンを分泌してしまうのです。ただ、通常であれば肌の働きであるターンオーバーと呼ばれる角質を剥がす働きによって色素沈着した古い角質も一緒に剥がれてしまいます。

 

ただ、過剰に分泌させてしまったり、肌の乾燥が原因でターンオーバーがきちんと行われなければからだに残ったままとなります。乳首に色素沈着したメラニンが蓄積することによって色が黒く見えるのです。

ターンオーバーって肌の生まれ変わりの周期の事ですよね。
古い角質を取り除き新しい肌組織を作り出すことにより、乳首の色も綺麗なピンクに近づくことができるんですね。

美樹さんの言うとおりです。
ただ、肌にも生まれ変わる細胞とターンオーバーをしている細胞と2種類あります。

 

そのため、奥の方にある真皮と呼ばれる皮膚細胞まで色素沈着をしてしまうとメラニンを除去するのは難しくなります。
手遅れになる前にきちんと美白を行うことが大事となるのですね。

 

乳首が黒い原因のまとめ

 

乳首が黒くなってしまう原因は刺激によってからだの中で作られたメラニンが色素沈着をしてしまうからです。

 

表皮と呼ばれるターンオーバーの周期で生まれ変わる皮膚細胞にメラニンが付着しているのであればターンオーバーを促すことでメラニンを剥がすことができます。しかし、真皮と呼ばれる皮膚細胞は生まれ変わることがないのでメラニンが付着してしまうとメラニンの除去が難しくなります。

 

後悔しても手遅れにならないように乳首を美白するのが大事となるのですね。

 

乳首が黒いのが嫌なのであれば、これ以上黒くならない為にもメラニンの生成を抑える美白成分とターンオーバーを促す為にも保湿成分が配合された化粧品やクリームを使っていきましょう。

 

乳首が黒いなら美白をしましょう