妊娠によって乳首が黒くなる原因

 

乳首が黒くなる原因は肌に刺激を与えることによってメラニンが分泌され、色素沈着をする為です。
しかし、妊婦は刺激を与えなくても色が黒くなってしまう人も多いです。

 

それにはキチンとした理由があります。

 

妊娠することによって女性ホルモンが乱れメラニンが分泌されるって知識が一般的ではありますがそれだけではありません。
詳しく原因と色が黒くなる理由について解説していきます。

妊婦が乳首の色が黒いのは授乳が関係している

妊娠をすると乳首の色が黒色になってしまうと聞くのですが、妊娠と黒乳首は関係性はあるんでしょうか?
都市伝説なのかなって思ったりもしちゃいます。
妊婦は乳首の色が黒くなるなんてことはあるのでしょうか?

妊娠により乳首の色が黒くなるということはあります。
乳首の色の変化には個人差がありますので、人によってはほとんど変わらないという方も少なからずいます。
ただ、人によっては真っ黒と言っていいほど黒くなってしまう方もいますね。

授乳中のお母さんの乳首は黒いという印象があります。
これは授乳時の赤ちゃんによる刺激が原因ってことでしょうか?
それとも妊娠をしたのが原因ってことですか?

授乳時に赤ちゃんは母親の乳首を吸引しますので、この刺激によりメラニン色素が分泌されて黒色乳首になってしまいます。
ほかにも妊娠が原因による黒色乳首の原因はあります。
それは授乳をする時の刺激に備えて乳首が黒くなると言うことです。
赤ちゃんが授乳する際に乳首の位置を認識しやすくするためでもあります。

なるほど授乳をなるべく控え、ミルクを与えればいいのかと思ったのですがそうではないんですね。
授乳時の赤ちゃんからの刺激によって黒くなるのだと思ってました。
赤ちゃんの目印にする為でもあるのですね。
そうなると妊娠後に、乳首の色を元に戻すことはできないのでしょうか?

よく心配される方がいますが、妊娠後も乳首を美白することは可能です。
なぜなら妊娠が原因の黒色乳首は授乳期をすぎれば徐々に治っていくからです。
ただし人により治り方に個人差がありますので何もケアをしなくて良い訳ではありません。

うーん治りことは治るが個人差があるんですね。

そうですね。ですから治るからと言って気を抜かず乳首ケアを欠かさないことが重要ですね。

 

黒乳首と遺伝の関係性

 

妊娠のほかに、遺伝が原因なので生まれつき乳首が黒色の人の中で、乳首の美白を諦めてしまったという方もいるそうです。
遺伝と黒色乳首の関係性はあるんですか?
もし関係性があるのであれば、遺伝的に乳首を美白することができない人もいるのでしょうか?

遺伝性の黒色乳首で悩まれる方も非常に多いです。
人それぞれ多少であれ肌の色が違うように乳首も黒くなりやすいという人はいます。
ただし遺伝的に乳首の色が濃いからといって、乳首の美白ができないわけではないので大丈夫ですよ。

なるほど遺伝的に乳首の色が濃くても美白は可能なんですね、安心しました。
良くメラニン色素の分泌が多い方は、日焼けしやすいと言いますがこれと同じ原理ですか?

美玲さん詳しいですね。そうですね日焼けと同じ原理ですね。
メラニン色素は肌を守るために必要なものですが、乳首の色を黒くする原因でもあります。
ですからしっかりとケアしてあげることが重要です。
ただし遺伝とは言え生まれた時から乳首が黒色だという方はいません。
成長するに連れて少しづつメラニン色素が蓄積されて黒くなってしまうんです。

確かに生まれた時から黒色だという方はいませんね。
よくわかりました。ありがとうございます。

妊婦の乳首の色が黒い理由のまとめ

 

妊娠をした妊婦の乳首の色が黒くなる理由は下記の2つです。

 

  1. 女性ホルモンの乱れによるメラニンの分泌
  2. 赤ちゃんの授乳の目印にするため

 

この2つの理由によって妊婦の乳首の色は変化をしてしまうのですね。
ただ、キチンとケアをすることによって元の色に戻すことは可能となります。

 

美白クリームを使いメラニンの生成を押さえ、ターンオーバーを促進させることで色素沈着した角質を剥がしていきます。
お母さんになったからといって、乳首が黒いのが嫌であれば美白ケアをするようにしましょう。

 

乳首が黒いなら美白をしましょう