乳首美白クリームにも種類があるので注意

 

乳首が黒いことで悩む人で美白クリームを使う人は多いです。
しかし、美白クリームといっても2種類あり、効果も全く異なるので注意が必要です。

 

1、美白成分配合のクリーム
2、着色することを目的としたクリーム

 

厳密に言えば1つではあるのですが、多くの人が間違えて利用をしてしまっている為2つとしました。

 

この2つは全く効き目が異なるのですが、似たような商品説明で販売がされています。そのために間違えてしまっている人が多いのです。

 

美白クリームを使っても効果がない!
このようなことがない為にも2つのクリームにはどんな違いがあるのか?
以上について解説していきます。

 

着色クリームと美白クリームの違いについて

 

美白を目的とした化粧品で乳首の美白クリームがありますが、本当に効果があるのでしょうか?
ちょっと怪しい感じもします・・・
でも、本当に効果があるのなら使ってみたい気持ちもあるんです!

最近は黒色乳首に悩む方で乳首美白クリームを使ってみる人は多いよね。
でも、気おつけなければならないのがどんな商品にもいえるけど、個人差があり効果があると感じる人もいればないと感じる人もいること。
効き目があったと書かれたのを見て、同じように効き目がでるはず・・・安易に考えてしまうと、こんなはずではなかったと後悔をしてしまう方も多いので注意点も踏まえて解説致しますね

まず、最初に説明をしておくと人気となっているクリームにも2種類あります。
一つ目が主に通販などで販売されていることの多い、医薬部外品となっている美白成分が配合されたクリームのこと。言うまでもなく美白をすることを目的としている化粧品だね。そして、二つ目が着色を目的としたクリーム。
この2つで同じ乳首用のクリームとは言え、効果は全く異なって全くの別物となるから注意が必用なんです。

着色を目的としたクリームと言うことは、やはり一時的な美白でしかないのでしょうか?
口紅みたいに色を塗るってことなのでしょうか?

そうですね。あくまで着色なのでブラジャーとの摩擦やシャワーを浴びてしまえば剥がれてしまいます。
着色されたパウダーを乳首の上につけているだけなので、ブラに色が写ってしまったなんて口コミも見かけたりすることができるはずだよ。
美白化粧品なんて書かれていないにも、知らずに購入している人も多いんだね。美白成分が配合されていなければ当然、メラニンの生成を抑えるなんてことはできないのです。

気を付けないと、つい間違えて購入してしまいそうですね。
着色ではない乳首の美白クリームとはどういった物なのかも詳しく教えてくださいますか?

乳首の美白クリームはその名の通り美白を目的としており、そのために必要な成分が配合されています。
プラセンタなどが該当する成分となるのですが、必ず商品の説明に『美白』の言葉が使われているはずです。美白成分が配合されていなければ表記がされていないはずです。
メラニンの生成を抑制する目的のものとなります。また、大抵は肌の古い皮膚(角質)を剥がす働きを正常にする為にも保湿成分などが配合されています。

なるほど、乳首美白クリームにもいろいろあるため購入の際は気を付けないといけませんね。
なぜ乳首美白クリームを利用する人が多いのか分かりました。
わたしの目的は一時的にピンクにすることではないので、間違えないように注意して、美白クリームを利用してみます。

 

乳首美白クリームについてのまとめ

 

2つのクリームは全く効果は別のものとなります。
実際に販売されている着色クリームの口コミを見ると間違って利用した人の口コミが多く見かけられます。

 

「効果が全くない。使ってもブラに着くだけで美白できていない」

 

このような口コミを見かけることができます。
それは根本的に美白成分が配合されていないものを利用してしまっているので当然となっているのですね。

 

分かりづらいのが問題だとは思うのですが・・・

 

同じような失敗をしない為にも乳首の美白クリームを利用する際は注意をしましょう。

 

乳首が黒いなら美白をしましょう